経営者の味方

弁護士とは、法律のプロフェッショナルですが、日常生活においてはあまり関係がない存在ですが、会社の経営に携わる方にとっては、なくてはならない存在です。
経営者にとって、業績を上げることだけを考えれば良いのではなく、経営のために法律を遵守しなければならない義務が生じます。

顧問弁護士は、そんな経営者の味方、会社にとっての主治医というべき存在ですが、とてもそんな費用が出ないという中小企業がほとんどです。
確かに、顧問弁護士というと、大企業でお抱えする先生的な存在ですが、その常識は今では通用しません。

そして、特筆すべきことに、弁護士との顧問契約はそれほど高くはないということです。
弁護士にしてみても、ピンからキリまで存在していて、必ず大企業の顧問弁護士になるのではなく、毎日そうだ何があるものでもなく、というのが現状です。

そこで、中小企業に対しての顧問契約を専門に行なっている弁護士なども多く存在します。
毎日出勤しなければならない弁護士ではなく、定期的な打ち合わせ、用がある時だけの相談などですから、社員として迎え入れることなく、社外顧問弁護士の存在になります。

必要経費の一つとして顧問弁護士を持つ中小企業が増加していますが、そのきっかけは問題発生によってその必要性を感じた方も少なくないようです。
そうではなく、最初から顧問契約をしておけば良かったという経営者も多くなっていて、ますます顧問弁護士の立場は身近なものになりつつあります。


[PICKUP]
経営者の味方になる弁護士と低価格で顧問契約が出来るサービスです ・・・ 弁護士 顧問契約